読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是冬寂

サプールのように生きたい

2016 スリランカ ジェフリー・バワの作品を巡る旅 〜4/26 コロンボへの道

前回、空港近くのニゴンボのホテル、ジェットウィング・ラグーンのことを書きました。
4/26の昼にチェックアウトをし、スリランカ随一の大都市であるコロンボにある、ジェフリー・バワの自邸、「ナンバー11」を目指します。

チェックアウトが終わり、スタッフのお姉さんにコロンボまでのタクシーをお願いすると、なんとRs.5000と言われ、あまりの高さにびっくり。
前にも書きましたが、ホテルで頼むタクシーは保障のため、独自の契約をしているハイヤーのようなものを呼ぶらしく、流しの相場の倍近く掛かるのです。
ちょっと高いなぁと言ったら、じゃあトゥクトゥク呼ぶ?と言われ、結局トゥクトゥクかぁ、と。
スリランカではタクシーに乗るのはなかなか難しく、結局、最後にエアポートタクシーを頼んだ以外はほぼトゥクトゥクに乗ることになりました。

流しのトゥクトゥクを止めてもらい、乗り込むと、ほんの少ししか走ってないのに急に曲がって、路地に入ってしまいました。
え、道違うし、ヤバくない?と警戒していると、ドライバーのおじさんが、車に乗り換えろと言ってきました。
まぁ、トゥクトゥクで行くにはちょっとした距離なので、車の方が早いのは確か。
どうやらここはおじさんの家らしく、息子にバトンタッチして車で連れてってやる、値段はRs.2500据え置きでいいから(本来はトゥクトゥクの方がタクシーより安い)とのこと。
じゃあいっか、と、車に乗り込んだのが運の尽きでした…。
車と言っても、タクシーじゃなくて、生まれて初めて見るようなボロッボロの自家用車です。
乗り込むのに躊躇するくらい。
しかし、断れず、言われるままに(日本人の悪いところの見本のようだ)。
車内は猛烈にカビ臭い(泣)
まぁ、30〜40分の辛抱だし、と、腹をくくって乗ったものの、この車、冷房がない…。
しかも、下調べが甘く知らなかったのですが、昼時のコロンボ周辺はめちゃくちゃ渋滞するらしく、全然進まない。
30〜40分なら我慢できたけど、カビ臭い上に風通しの悪い車に1時間以上押し込められ、家族が具合悪くなってしまいました。
途中、路端に止めてもらい、外の空気を吸ったりしたものの、結局戻してしまい、わたしは半ばパニック。
これなら、風通しの良いトゥクトゥクの方がいくらかマシでした。
ほんと泣きたい。
あと100mがあんなに遠かったことは人生でありませんでした…。
やっとの思いで到着すると、具合の悪い人をとにかく涼しいカフェに移動させるべく、わたしは最小限だけの手荷物を持ち、大荷物は家の人に任せて車から降りました。

辿り着いたカフェは、ナンバー11すぐそばのパラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェ(Paradise Road The Gallery Cafe)。
市内屈指のハイエンドなレストランとのことですが、そんなこと構っちゃいられない。
汗だく必死の形相で、涼しい席に早く通して!と捲し立て、扇風機前の席でバタバタと落ち着かないわたし。
隣の席の欧米人客にじろじろ見られたので、車酔いしちゃって大変で、と大袈裟にエクスキューズ。
かわいそうに、暑いものねぇ〜と、鷹揚な返事が返ってきたので少し落ち着く。
取り急ぎ冷たいミネラルウォーターと、やたら高いアイスクリームを注文し、わたしはようやくヘナヘナと座り込んだのでした。

しばらくたって、家の人が大荷物で到着。
だいぶ大変だったようで、やっぱり1つくらい荷物抱えて来れば良かったなぁと思ったけれど、その時はホントそれどころじゃなかった。
家族はといえば、アイスクリーム食べてケロッとした顔をしているし、ほっとして放心しながらメニューを見たところで、わたしのヘレン・カミンスキーの帽子がないことに気づき、またも軽くパニック。
あれこれ荷物を引っ掻き回してみるも、見事にわたしのカミンスキーだけが無い。
大ショック。
誰が悪いわけでもないのだけど、思わず
「確認してくれなかったの?」と言ってしまい、責められたと思ったのか、家の人も黙りこくってしまい、めちゃくちゃ空気悪い、おしゃれカフェの一角(笑)
メニューから適当にオーダーしたものの、食欲、全く無し…。
ぎくしゃくしたまま、間を持たせるために写真を撮ってみたりなどする。

f:id:wintermute1117:20160509165634j:image
パラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェ。
ここはかつてジェフリー・バワのオフィスだった場所。
白と黒を基調とした、シックな空間。
大きな木や壺があり、自然と調和した中庭で開放的な時間が楽しめる。
はずだった…はぁ…もっと優雅な気分でランチしたかった。

f:id:wintermute1117:20160509165657j:image
レモングラス風味のチキンソテー、マッシュドポテト添え。
メニュー見て思ってたのと違ったけど、まぁこの際なんでもいい。
味はとてもおいしかった。
ここはシックなレストランなので、量もそんなにやたらめったら多くはない(でも多いけど)。

お会計したらRs.5000(日本円で約4000円)くらいだった。
たぶん、スリランカの相場からしたらめちゃくちゃ高いんだろうな。
わたしたちはほぼローカルレストランに行かなかったのでわからないけれど、ホテル(系列)のレストランはおしなべて日本並みのお値段でした。

f:id:wintermute1117:20160509165722j:image
バワらしい、植物と建物の調和。
こういう、垂れ下がる緑を見ると、南国だなぁと感じる。
台湾にもこういう木がたくさんあったなぁ。

f:id:wintermute1117:20160509165746j:image
お馴染みの回廊と柱。
日本にいるのとは少し違う鯉?なまず?のようなものが泳いでいる。

このレストランには雑貨屋さんも併設されていて、そこでお土産でも買おうかと思っていたのだけれど、期待していたよりそんなにオリジナリティのあるグッズが売っていなかったので、パス。

この日は、いったんナンバー11にチェックインしたあと、夕方、市内の五つ星ホテル「ザ・キングスバリー」でハイティーを楽しみ、紅茶専門店などをはしごする予定だったのですが、コロンボへの到着が遅れ、ランチが遅くなってしまったうえ、家族みんなヘトヘトで、再び市内中心部に向かう気力がありませんでした。
他の日程はほぼ周りに何もないリゾート泊だったので、この日くらいしかショッピングは出来なかったのですが、諦めました。

というわけで、いよいよ、バワの自邸、ナンバー11へ向かいます。
次のエントリに続く。

バワ自邸/ルヌガンガ(バワの庭園) Geoffrey Bawa 33rd Lane1960-98/Lunuganga1948-98―世界現代住宅全集07(Residential Masterpieces)

バワ自邸/ルヌガンガ(バワの庭園) Geoffrey Bawa 33rd Lane1960-98/Lunuganga1948-98―世界現代住宅全集07(Residential Masterpieces)