読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是冬寂

サプールのように生きたい

2016 スリランカ ジェフリー・バワの作品を巡る旅 〜4/27・28宿泊 CLUB VILLA①

hotel leisure life travel Sri Lanka Geoffrey Bawa
アルトゥガマからのトゥクトゥクで危うくぼったくられるところでしたが、到着したCLUB VILLA(クラブ ヴィラ)は、結論から言って、わたし好みのゆるーい楽園でした。
今回の旅では、全てジェフリー・バワが手掛けたとは言え、全くタイプの異なる4つの宿に泊まりましたが、雰囲気や過ごした時間を鑑みると、ここが一番好きかもしれないです。
大きなホテルグループが経営してるわけではないので、こじんまりとしていて、とにかく、ゆるい。
忙しい日本での生活とは180度真逆の、のんびりとした時間が流れる場所でした。

お部屋の写真などを挙げていきます。
ハーフボードでの2日滞在なので、スイートルームにはしませんでしたが、それでもハネムーンなどにはもってこいの、天蓋付きのクイーンベッドがロマンティックな、ロフト付きのお部屋でした。

f:id:wintermute1117:20160526170825j:image
ベッドはかなり大きかったです。

f:id:wintermute1117:20160526172658j:image
ベッド横に、ロフトへの急階段(笑)

f:id:wintermute1117:20160526172727j:image
天井が高かったです。
今回の旅で泊まったところはわりとどこも天井が高かったので、バワの意向なんでしょうか。

f:id:wintermute1117:20160526172754j:image
ロフトからの眺め。

f:id:wintermute1117:20160526172812j:image
女性なら一度は憧れますよね、こういうの。
わたしですら、テンションちょっと上がりましたよ!

f:id:wintermute1117:20160526173444j:image
心地良いパティオ。
ちょびっとしか使わなかったけど、ここでビール飲みました。

f:id:wintermute1117:20160526172937j:image
パティオからの眺め。
向かいにあるのは離れのスイートルームです。
もはや一軒家です(笑)

f:id:wintermute1117:20160526173632j:image
パティオからの眺め、別角度。
目の前にプールがあります。

f:id:wintermute1117:20160526173819j:image
食用ではない、何かの実が飾ってありました(調べたけど忘れた)。
追記:ゴバンノアシという木の実でした…これだけ囲碁に馴染みがあるのに忘れるなんて!(汗)

f:id:wintermute1117:20160526175237j:image
アメニティ。どことなく野暮ったさがあって、かわいい。

f:id:wintermute1117:20160526174032j:image
玄関から見下ろすと、池があります。
ブーゲンビリアが咲いていました。

f:id:wintermute1117:20160526174240j:image
一階に降りてみたの図。

f:id:wintermute1117:20160526175037j:image
ダイニング側の庭。

f:id:wintermute1117:20160526175214j:image
プールサイドより。

クラブ・ヴィラには2泊したため、写真が多いので、何個かのエントリに分けて紹介します。
ホテルのプライベートビーチへの散歩に、続く。