読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是冬寂

サプールのように生きたい

2016 スリランカ ジェフリー・バワの作品を巡る旅 〜4/28 ルヌガンガ見学②

gourmet hotel leisure life Today's Lunch travel Geoffrey Bawa Sri Lanka

前回の記事。

2016 ジェフリー・バワの作品を巡る旅 〜4/28 ルヌガンガ見学① - 日日是冬寂

あと2回で旅行記も終わりです。

年内には上げなければ…(汗)

ジェフリー・バワのアトリエ、ルヌガンガの見学記後半です。

写真メインでお送りします。

 f:id:wintermute1117:20161221153951j:image

井戸がそこかしこにありました。

f:id:wintermute1117:20161221154058j:image

牛がいました。

f:id:wintermute1117:20161221154158j:image

また井戸です。

f:id:wintermute1117:20161221154229j:image

ここはゲストハウスだった気がします。

f:id:wintermute1117:20161221154310j:image

景観を損なわぬよう、植え込みで覆われた道。バワのこだわりだそうです。

f:id:wintermute1117:20161221154529j:image

壁画。

f:id:wintermute1117:20161221154555j:image

壺がまるで意思を持っているようにどっしりと構えています。

f:id:wintermute1117:20161221154617j:image

オフィス棟かな?ここでスペシャルランチを頂きます(要予約です)。

f:id:wintermute1117:20161221154740j:image

他のホテル同様、やはりシンボルツリーがあります。

f:id:wintermute1117:20161221154850j:image

雄大な眺め。

f:id:wintermute1117:20161221154912j:image

バワと言えば椅子。ここにも。

f:id:wintermute1117:20161221154934j:image

バワのブロンズ像。

f:id:wintermute1117:20161221155016j:image

小窓が可愛らしい、あずまや。

f:id:wintermute1117:20161221155039j:image

ランチはパンプキンスープからスタート!

f:id:wintermute1117:20161221155058j:image

パパド、フライドバナナ(!)、えびやらなすやら魚やらのカレー達。

f:id:wintermute1117:20161221155115j:image

菜っ葉とココナッツのふりかけのようなものと、いんげん豆のカレー。

f:id:wintermute1117:20161221155133j:image

赤米。

f:id:wintermute1117:20161221155154j:image

ビーツのカレー。

f:id:wintermute1117:20161221155217j:image

豆のカレー。

f:id:wintermute1117:20161221155239j:image

ココナッツミルクのカレーかな?

出発前に下調べをしている時、ルヌガンガのカレーはとてもおいしいとあちこちで読んだのですが、その理由が分かりました。

素材を活かして丁寧に作られているのはもちろんですが、他のホテルのカレーに比べて、かなり甘口なのです。

なので、一般的な日本人の口にも合うのでしょう。

わたしはかなりの辛党なので、この旅行で滞在したどこのホテルのカレーもおいしく頂けました。

f:id:wintermute1117:20161221155304j:image

オフィス棟のリビング。

ここは立ち入り禁止でした。

f:id:wintermute1117:20161221155331j:image

覗くだけです。

さて、この日は帰ってホテルでのんびり。

翌日、CLUB VILLAをチェックアウトし、最後のホテル、ヘリタンス・アフンガラへと向かいます。

次で旅行記最後のエントリです!

それではまた。

19 地球の歩き方 aruco スリランカ (地球の歩き方aruco)

19 地球の歩き方 aruco スリランカ (地球の歩き方aruco)