日日是冬寂

サプールのように生きたい

鶏むねのジェノベーゼ合え

f:id:wintermute1117:20180117205915j:image

Twitterで、少し前に牛丼を家で作ったら安くあがるよ、と書いて炎上してしまった方がいらっしゃるのですが、その方が、鶏むねでサラダチキン的なものを作る方法をツイートしているのを見まして。

それがおいしそうだったので真似して作って、あまってたジェノベーゼソースで合えてみました。

言ってること自体は大変有益なので、料理しないクラスタを煽るより、料理に興味がある方向けに発信したらいいんじゃないかなーと思いました(笑)

肝心の味はたいへんおいしかったです。

しっとりぷりぷりでした!

茹で汁はいいお出汁が出ているので、白菜のチキンスープに。

あとは豆苗のおひたし、鶏皮ポン酢、たくあん。

牛たんとろろ定食

f:id:wintermute1117:20180116212918j:image

厚切り牛たんと友三角に自然薯のとろろ、ダシダのスープにお漬けもの。

広告を非表示にする

銭湯行くから簡単ごはん

f:id:wintermute1117:20180116001036j:image

チビが銭湯行きたいとねだるので、ごはんは簡単に済ませることに。

永谷園?の麻婆春雨に、つみれ汁、お義父さんのたくあん。

豚玉

f:id:wintermute1117:20180115001040j:image

豚玉焼きました。

良い感じに焼けた…と思ったら。
f:id:wintermute1117:20180115001114j:image

いつもいつも、マヨデコがうまくできず台無しに。

残念無念。

まぁいっか。

広告を非表示にする

柚子茶と甘夏シロップの仕込み

f:id:wintermute1117:20180114152637j:image

義実家に帰省したときにお土産にもらった柚子と甘夏、シロップ(柚子は韓国風に言うと柚子茶かな?)にしました。

柚子の方は漉さないので種取りが面倒でしたが、皮と実に分け、皮は千切り、実は軽くブレンダーで潰してから混ぜ、氷砂糖で漬け込むと、早くもいい香り!

甘夏の方はマーマレードにするくらいなので皮も生かしたいなーと思ったのですが、あんまり苦くなっても子供ウケが悪そうなので、レモンみたいに外皮をピーラーで薄く削ったものを使うことにして、白く分厚い部分は剥いて捨て、果実をざく切りにして漬け込みました。

一週間ほどで完成予定。

果実のシロップは、うめ、いちご、りんご、かぼすと作ってきましたが、酸味が強くさっぱりしている方が使い勝手が良い気がしています。

今回の出来が良かったら、柑橘系の、シロップ作りに励もうと思います。

つみれ汁

f:id:wintermute1117:20180114151535j:image

つみれ汁

お義父さんお手製のたくあん

牛丼のあたま

つみれ汁、挽きすぎた…けど、チビに骨が気になると言われ(大人にはそうでもないが)、加減が難しいと反省。

大変なわりに評判イマイチで、やはり魚料理が下手だなぁと思ってしまう。

広告を非表示にする

じゃがいもとベーコンのジェノベーゼグラタン

f:id:wintermute1117:20180113125731j:image

ジェノベーゼソース、大量に作ってしまったのでグラタンにしました。

フライパンでベーコンを炒め、脂が出てきたら、固ゆでしたじゃがいも、湯剥きトマトのざく切りを加えてさらに炒め、ジェノベーゼで和えて、生クリーム入りの自家製ホワイトソースを掛けてチーズをたっぷり乗せ焼きます。

あとは、かぶのコンソメスープで。