読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是冬寂

サプールのように生きたい

2016 スリランカ ジェフリー・バワの作品を巡る旅 〜4/28 ルヌガンガ見学①

leisure life travel Geoffrey Bawa Sri Lanka

前回のエントリ 2016 ジェフリー・バワの作品を巡る旅 〜4/27・28宿泊 CLUB VILLA③ - 日日是冬寂 から、また間が空いてしまいました。

年が変わる前にがんばって完結します(汗)

そういえば、この間の「世界ふしぎ発見」で、スリランカ特集でしたね。

ジェフリー・バワのホテルも出てきて、家族で旅の思い出を語りながら楽しく観ることができました。

今回はホテルではなく、バワのアトリエである「ルヌガンガ」についてです。

ここも、Number 11と同様に宿泊することができますが、ランチ付きの見学ツアーにしました。

写真の枚数が多いですが、お楽しみください。

f:id:wintermute1117:20161120220906j:image

エントランス。

f:id:wintermute1117:20161120223026j:image

f:id:wintermute1117:20161120223045j:image

ジェフリー・バワといえば、椅子ですね!

f:id:wintermute1117:20161120223101j:image

ワンコがまったり。いや、暑さでぐったり?

f:id:wintermute1117:20161120223123j:image

バワ・デザインの特徴である、黒と白のバイ・カラー。

f:id:wintermute1117:20161120223148j:image

東南アジアらしい木の根っこ。

f:id:wintermute1117:20161120223205j:image

f:id:wintermute1117:20161120223256j:image

黒と白の床が美しい。

f:id:wintermute1117:20161120223311j:image

ルヌガンガには至るところに壺がありました。

f:id:wintermute1117:20161120223329j:image

f:id:wintermute1117:20161120223352j:image

バワは、庭の色々なところで過ごしていたようで、使用人を呼ぶためのベルがそこかしこにありました。

f:id:wintermute1117:20161120223523j:image

シヴァ神の像。

f:id:wintermute1117:20161120223634j:image

建物の中は窓から覗くだけですが、インテリアにうっとり。

f:id:wintermute1117:20161120223447j:image

f:id:wintermute1117:20161120223657j:image

竹が生えています。一緒にツアーを回っていたイギリス人のカップルとガイドさんに、たけのこの説明をすることになりました(笑)

f:id:wintermute1117:20161120223718j:image

池に映る青空。

f:id:wintermute1117:20161120223802j:image

ベルがまたありました。

f:id:wintermute1117:20161120223825j:image

日時計です。

f:id:wintermute1117:20161120223841j:image

お庭の中に田んぼがありました。

f:id:wintermute1117:20161120223857j:image

続きはまた。

バワ自邸/ルヌガンガ(バワの庭園) Geoffrey Bawa 33rd Lane1960-98/Lunuganga1948-98―世界現代住宅全集07(Residential Masterpieces)

バワ自邸/ルヌガンガ(バワの庭園) Geoffrey Bawa 33rd Lane1960-98/Lunuganga1948-98―世界現代住宅全集07(Residential Masterpieces)

  • 作者: ジェフリー・バワ,Yukio Futagawa
  • 出版社/メーカー: ADAエディタトーキョー
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る