読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是冬寂

サプールのように生きたい

三島、結婚9周年記念旅行 その1

諸事情あり、三島に弾丸旅行に行ってきました。
結婚記念日が近いので、前倒しでお祝いを兼ねて。
三島と言えばうなぎですね!
今回は下調べの上、「花車」さんでコースを頂きました。
f:id:wintermute1117:20170518231049j:plain
まずは骨せんべいから!
ポリポリしていて、おつまみにぴったり。
f:id:wintermute1117:20170518231137j:plain
肝の佃煮。
こんなにたっぷり肝を頂くのは初めて。
苦みもなくプリプリとしておいしいです。
f:id:wintermute1117:20170518231250j:plain
なんと、生の肝!
下の胆のうは苦いので噛まずに飲み込んでくださいと言われました。
上の肝臓はコリコリとして旨味があり、何かに似た味ですが思い出せず…。
珍しいものを頂きました。
f:id:wintermute1117:20170518231523j:plain
白焼き。
こちらの鰻は蒸さずに焼き上げるタイプです。
香ばしくて、おいしいです!
f:id:wintermute1117:20170518231749j:plain
尾っぽの唐揚げ。
さっくさくでビールが進みます!
これはどこのお店でも出したらいいのにと思いました。
f:id:wintermute1117:20170518233852j:plain
そしてメインのお食事、鰻丼です。
コースで色々頂いたので、これくらいの量ですよね…
と、思ったら…
f:id:wintermute1117:20170518232323j:plain
なんと、鰻茶もセットでした!
セットで丸々一匹分。
いやー、たまげた。
こちらの鰻は先ほども書いたとおり、蒸さずに焼き上げるので、旨味が落ちず凝縮されています。
三島の湧水で締めて、臭みを抜いているからこそできる技らしいです。
これほどに力強い鰻は食べたことがありません(当方江戸っ子、下町育ち)。
記憶に残る鰻となりました。
f:id:wintermute1117:20170518232922j:plain
食後、裏で湧水の中を元気に泳ぐ鰻たちを見せていただきました。

鰻を5年分くらい堪能し、店を後にして柿田川公園に着く頃、携帯をお店のお手洗いに忘れたことに気付きました。
家の人が電話して、取りに行くので取っておいてくださいと頼んだところ、なんと車で届けてくださいました(泣)
お店でも、あれこれ気を配ってくださり、ホスピタリティあふれるおもてなしをしていただいたのですが、本当に親切にしていただいて、感謝してもしきれないです…。
ということで、三島に行ったら是非、「花車」で素晴らしい鰻を食べることをおすすめします(笑)

三島旅行記、次回に続きます!